News & Press

Green Hills Software Delivers Scalable Safe and Secure Support for AUTOSAR Adaptive

AUTOSAR Adaptive support extends Green Hills Software’s industry leading AUTOSAR solutions to enable the next generation of multi-function, mixed-criticality ECU development

グリーン・ヒルズ・ソフトウェア、AUTOSAR Adaptiveプラットフォームに スケーラブルな安全性とセキュリティを保証したサポートを提供

SANTA BARBARA, CA — October 22, 2020 — Green Hills Software, the worldwide leader in embedded safety and security, today announced its expanded offering for automotive electronics manufacturers building safety- and security-critical systems that rely on the latest AUTOSAR Adaptive organization standards. The addition of configurable support for the leading AUTOSAR Adaptive vendors’ solutions on a wide range of automotive processors enables global OEMs and Tier 1s to develop and deploy the most scalable, safe and secure AUTOSAR-based platforms possible for use in gateways, ADAS, autonomous vehicles, safety/security islands, domain controllers and high-performance zonal compute clusters.

Green Hills has participated in the AUTOSAR organization since 2005. As a Premium Partner, Green Hills is active in working groups defining standards for operating system interaction, security and debugging. With this, Green Hills brings an unprecedented level of understanding and experience around safe and secure integration of AUTOSAR services into a wide range of automotive ECU designs.

Today’s heterogeneous computing platforms with mixed-core processors and multiple operating systems coupled with rising expectations for software-defined vehicle architectures bring great schedule pressure and complexity to engineers creating software responsible for critical vehicle functions using AUTOSAR’s open industry standards for advanced system functions and interfaces.

To address these looming challenges, Green Hills builds on its decades of AUTOSAR experience to support a wide range of possible platform configurations supporting a broad variety of end customers’ design goals, safety requirements and key performance indicators (KPI). Examples of scalable AUTOSAR run-time frameworks based on Green Hills Software’s proven run time environments are:

  1. AUTOSAR Adaptive running natively on the INTEGRITY® real-time operating system’s (RTOS) foundational separation architecture that isolates and protects AUTOSAR Adaptive applications and services from other platform applications and services. Here, the AUTOSAR Runtime Environment for Adaptive Applications simply runs natively on INTEGRITY as provided by AUTOSAR Adaptive stack suppliers.
  2. AUTOSAR Adaptive applications and services running on Linux guest operating systems, safely and securely hosted on the INTEGRITY microkernel virtual machine monitor (INTEGRITY Multivisor®).
  3. AUTOSAR Classic applications running natively on the INTEGRITY separation kernel, enabling the seamless incorporation of legacy AUTOSAR Classic assets into platforms that also run AUTOSAR Adaptive.

Green Hills Software’s expanded support for AUTOSAR draws on proven solutions and knowhow and is based on:

Green Hills Software’s offerings are optimized for heterogeneous computing platforms and enable seamless integration of legacy AUTOSAR Classic services with AUTOSAR Adaptive services in a vendor-independent and ASIL safety level-independent manner.

To address the complexities in debugging and optimizing these advanced system architectures, Green Hills has integrated its latest advanced development and system visualization tools with these platforms. The MULTI IDE gives global teams of AUTOSAR developers powerful visibility and control to pinpoint bugs and fix performance bottlenecks on complex automotive SoCs running multiple operating systems, AUTOSAR services, and applications on multiple heterogenous cores. Key enabling features include AUTOSAR OS-aware debugging, synchronized system-level event visualization and high-performance C and C++11/14/17 compilers and run-time libraries, qualified for ASIL D.

In addition, Green Hills, through its SuperTrace™ JTAG probe and TimeMachine® back-in time debugger, enables customers to easily capture and reproduce every bug by recording the state of a system and all its critical information right up to a crash without having to restart the applications. These tools substantially increase developer productivity and code quality while helping customers achieve their system performance and delivery goals.

“Vector is pleased to be expanding its strategic collaboration with Green Hills to include our Adaptive MICROSAR AUTOSAR platform integrated and optimized to run on the automotive-grade INTEGRITY real-time separation kernel,” stated Dr. Thomas Beck, Managing Director of Vector. “With this collaboration, Vector and Green Hills look forward to enabling our joint end customers with program-ready AUTOSAR solutions for their future automotive software platform needs.”

“Expanding on our decades of cooperation with Green Hills for AUTOSAR, Elektrobit is enabling Green Hills to utilize production-ready AUTOSAR Classic and Adaptive solutions with the INTEGRITY RTOS,” stated Christoph Herzog, Global Head of Portfolio and Product Management at Elektrobit GmbH.

“For the last 15+ years, our technology partnerships with the world’s leading AUTOSAR suppliers have been an important aspect to our successful engagements with global OEMs and their Tier 1 suppliers to deploy powertrain, body/chassis, ADAS, integrated cockpit, gateways, telematics, digital cluster, and IVI/cluster consolidation projects,” said Dan Mender, Vice President, Business Development at Green Hills Software. “In expanding our strategic efforts for AUTOSAR Adaptive with leading global AUTOSAR providers, our joint customers will gain access to the best-in-class AUTOSAR capabilities for next-generation ECU platforms supporting both AUTOSAR Classic and Adaptive standards.”

Availability
Green Hills support for AUTOSAR Classic and Adaptive is available for qualified customers. For more information please contact info@ghs.com or visit our website at https://www.ghs.com/products/auto_autosar.html.

About Green Hills Software

Founded in 1982, Green Hills Software is the worldwide leader in embedded safety and security. In 2008, the Green Hills INTEGRITY-178 RTOS was the first and only operating system to be certified by NIAP (National Information Assurance Partnership comprised of NSA & NIST) to EAL 6+, High Robustness, the highest level of security ever achieved for any software product. Our open architecture integrated development solutions address deeply embedded, absolute security and high-reliability applications for the military/avionics, medical, industrial, automotive, networking, consumer and other markets that demand industry-certified solutions. Green Hills Software is headquartered in Santa Barbara, CA, with European headquarters in the United Kingdom. Visit Green Hills Software at https://www.ghs.com.

Green Hills, the Green Hills logo, INTEGRITY, Multivisor, TimeMachine, SuperTrace and MULTI are trademarks or registered trademarks of Green Hills Software in the U.S. and/or internationally. All other trademarks are the property of their respective owners.

グリーン・ヒルズ・ソフトウェア、AUTOSAR Adaptiveプラットフォームに スケーラブルな安全性と セキュリティを保証したサポートを提供

AUTOSAR Adaptive サポートは、 Green Hills Softwareの業界標準であるAUTOSARソリューションを拡張、次世代の多機能でクリティカリティ(重大性)が混在したECU(電子制御ユニット)の開発を可能にします

組込み向け安全性・セキュリティ分野の世界的トップ企業であるGreen Hills Software(本社: 米カリフォルニア州サンタバーバラ)は、車載電子機器メーカー向けに最新のAUTOSAR Adaptive 標準規格に準拠した安全性とセキュリティを確保するシステムを構築するための、新拡張技術を発表しました。各種車載プロセッサ向けに、業界をリードするAUTOSAR Adaptive ベンダーのソリューションにコンフィギュラブルなサポートを追加することで、世界中のOEMやTier 1サプライヤーは、ゲートウェイ、ADAS、自律型自動車、安全・セキュリティ・アイランド、ドメインコントローラ、及び高性能ゾーン・コンピュータ・クラスタで使用可能な最もスケーラブルで安全なセキュリティ性に優れたAUTOSARベースのプラットフォームを開発し、導入することができます。

Green Hills Softwareは、2005年以来AUTOSAR組織に参加し、プレミアムパートナーの一社として、オペレーティングシステムのインタラクション、セキュリティ、及びデバッギングのための規格を定義する作業グループで積極的に活動しています。こうした活動により、Green Hills Software社は、AUTOSARサービスの安全性とセキュリティを保証するために十分な理解と豊富な経験を、広範囲にわたる車載ECU(電子制御ユニット)の設計に反映させています。

ソフトウェアが定義する車載アーキテクチャの期待が高まる中で、ミックストコアプロセッサと複数のオペレーティングシステムを使用した今日のヘテロジニアス・コンピューティング・プラットフォームは、AUTOSARのオープンな業界標準を最先端のシステム機能とインタフェースに採用する重要な車載機能の開発担当エンジニアにスケジュールと複雑性に対するプレッシャーを与えています。

これらの大きくのしかかる難題に対処するために、Green Hills Softwareは、同社の数十年間蓄積したAUTOSARの経験の上に、多岐にわたる最終ユーザーの設計目標、安全仕様、及び重要目標達成指標(KPI)をサポートする可能な限り広範囲に及ぶプラットフォーム構成に対応しています。Green Hills Softwareの実績あるランタイム環境に基づくスケーラブルなAUTOSARランタイムフレームワークの例を次に示します:

  1. AUTOSAR Adaptiveが INTEGRITY® real-time operating system’s (RTOS)の基本分離アーキテクチャ上でネイティブに動作し、AUTOSAR Adaptiveアプリケーションとサービスを他のプラットフォームのアプリケーションとサービスから分離・保護します。ここでは、AdaptiveアプリケーションのためのAUTOSARランタイム環境は、AUTOSAR Adaptiveスタックサプライヤーが提供するINTEGRITY上でネイティブに動作します。
  2. AUTOSAR AdaptiveアプリケーションとサービスがLinuxゲストオペレーティングシステム上で動作し、安全性とセキュリティを確保してマイクロカーネル仮想マシンモニタ(INTEGRITY Multivisor®)上でホストされます。
  3. AUTOSAR ClassicアプリケーションがINTEGRITY分離カーネル上でネイティブに動作し、古いAUTOSAR Classic資産をAUTOSAR Adaptiveを実行するプラットフォームにシームレスに組み込むことができます。

Green Hills SoftwareのAUTOSAR向け拡張サポート機能は、実証技術とノウハウの上に設計され、以下を基礎にしています:

  • ISO 26262 ASIL D認証 INTEGRITY RTOS、
  • POSIX コンフォーマンスをサポート、
  • リアルタイムマイクロカーネルベースの可視化サービス、及び
  • 最新のC++ をサポートする豊富なMULTI® integrated development environment (IDE)ツール群 

Green Hills Softwareの製品は異種コンピュータプラットフォームに対応するように最適化されているだけでなく、ベンダー及びASIL(自動車安全水準)の安全レベルにも依存せずに、古いAUTOSAR ClassicサービスをAUTOSAR Adaptiveサービスにシームレスに統合することができます。

これらの最先端システムアーキテクチャのデバッグ及び最適化に伴う複雑性に対処するために、Green Hills Softwareは、最新の開発ツールとシステム可視化ツールをこれらのプラットフォームに統合しました。MULTI IDEは、複数の異種コア上で動作する複数のオペレーティングシステム、AUTOSARサービス、及びアプリケーションを動作させる複雑な車載SoC上のバグをピンポイントで特定し、性能面での障害を修正するために、強力な可視性と制御を世界各国のAUTOSAR開発者チームに提供します。重要な実現機能には、ASIL D に対応するAUTOSAR OS認識デバッグ、同期したシステムレベルのイベント可視化、高性能CとC++11/14/17 compilers、及びランタイムライブラリが含まれます。

また、Green Hills Softwareは、同社のSuperTrace™ JTAG probeTimeMachine® back-in time debuggerを使って、お客様がシステムの状態とクラッシュ直前までの重大な情報を記録することによって、アプリケーションを再起動することなく、全てのバグを容易に捕捉し再現することができます。これらのツールは、開発者の生産性とコードの品質を大幅に向上させるだけでなく、お客様のシステム性能と目標達成のために重要な役割を果たします。

Vector社の業務執行取締役であるThomas Beck博士は、次のように述べています。「Vectorは、弊社のAdaptive MICROSAR AUTOSARプラットフォームを、車載グレードのINTEGRITYリアルタイム分離カーネル上で動作させるために統合・最適化を始めとする、Green Hills Softwareとの戦略的協業を拡大することを喜ばしく思っております。この協業により、VectorとGreen Hills Softwareは両社共通のお客様に、将来の車載ソフトウェアプラットフォームの要求を満たすプログラム可能なAUTOSARソリューションの提供が可能になることを期待しております」

また、Elektrobit GmbHのポルトフォリオ及び製品管理部門のグローバル責任者であるChristoph Herzog氏は、次のように述べています。「AUTOSARのためのGreen Hills Softwareとの数十年にわたる提携拡大により、ElektrobitはGreen Hills Softwareが生産に使用可能なAUTOSAR ClassicとAdaptiveソリューションをINTEGRITY RTOSで活用できるようにしています」

Green Hills Softwareの事業開発担当バイスプレジデントのDan Menderは、次のように述べています。「過去15年以上にわたり、世界有数のAUTOSARサプライヤーと進めた弊社の技術提携は、パワートレイン、ボディ/シャーシ、ADAS、統合コックピット、ゲートウェイ、テレマティクス、ディジタルクラスタ、及びIVI/クラスタ統合プロジェクトを展開するための世界規模のOEM及びTier 1サプライヤーとの契約を成功に導くうえで極めて重要でした。世界有数のAUTOSARプロバイダーとのAUTOSAR Adaptiveに対する弊社の戦略を強化することで、我々の共通のお客様は、AUTOSAR ClassicとAdaptive規格の両方をサポートする次世代ECUプラットフォーム向けの最高水準のAUTOSAR機能を将来利用することができます」

入手方法
Green Hills SoftwareによるAUTOSAR ClassicとAdaptive規格に対するサポートを提供しています。 詳細については、jpsales@ghs.comにお問い合わせ頂くか、もしくは弊社ウェブサイトhttps://www.ghs.com/products/auto_autosar.htmlでご確認ください。

グリーン・ヒルズ・ソフトウェアについて

1982年に創業したグリーン・ヒルズ・ソフトウェア(Green Hills Software、以下: GHS)は組み込み分野においての安全性とセキュリティに関して世界的なリーダーです。2008年に開発したGHSのINTEGRITY®-178は、NIAP(NSAとNISTで構成のNational Information Assurance Partnership、国家情報保証パートナーシップ)からセキュリティ規格EAL6+のHigh Robustnessの認定を受けた最初にして唯一のオペレーティングシステムとして、これまでのあらゆるソフトウェア製品の中で最高レベルのセキュリティを実現しています。GHSのオープン・アーキテクチャー統合開発ソリューションは、機能安全認証が必要な軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、コンシューマーその他マーケット向けの高度な組み込み型で絶対的な安全性を持ち、高い信頼性のアプリケーションに対応します。本社は米カリフォルニア州サンタバーバラ、欧州本社は英国にあり、アジアパシフィック(APAC)の本社は東京にあります。GHSの詳細はwww.ghs.com/japan/index.htmlをご参照ください。

Green Hills、Green Hillsのロゴ、DoubleCheck は、米国および/または国際的にGreen Hills Softwareの商標または登録商標です。その他すべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

North American Sales Contact:
Green Hills Software
30 West Sola Street
Santa Barbara, CA 93101
Tel: 805-965-6044
Fax: 805-965-6343
Website: www.ghs.com
Email: info@ghs.com

International Sales Contact:
Green Hills Software Ltd
Fleming Business Centre
Leigh Road
Eastleigh SO50 9PD
UNITED KINGDOM
Tel: +44 (0)2380 649660
Fax: +44 (0)2380 649661
Email: mktg-europe@ghs.com

Media Contact:
Green Hills Software
Christopher Smith
Tel: 805-965-6044
Email: media@ghs.com

Japan Contact:
Publitek
Hitoshi Kasai
Tel: +81-90-4376-0123
Email: Hitoshi.kasai@publitek.com